毎日が笑顔で楽しく幸せな人生を送るためのブログ。ビジネス本・資格・音楽・映画・本・テレビetc
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京電力は28日夜に
福島第一第二原子力発電所周辺の土壌より
プルトニウムを検出したと発表。
「直に人体に影響はない」
としている。

検出されたのは、
プルトニウム238、239、240の3種類。
東電は 発電所の敷地内の5地点の土壌で採取した。
検出量は最大で土壌1キ ロあたり計0.8ベクレル。
(引用(一部抜粋) : asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/0329/TKY201103280560.html)

プルトニウムの毒性は
既知の毒物の中でも最悪レベ ルで、
「角砂糖 5個分で日本が全滅」といわれる。

さらに恐ろしい事実として、
プルトニウムは半減期が2万4千年とされている。


【影響】

実験などの結果より
プルトニウムの人体への影響は、

(1)飲食物を介する摂取(経口摂取)
(2)空気の吸入による摂取(吸入摂取)

が考えられ、
その人体への影響は、

(1)経口摂取の場合は消化管からの吸収は
非常に少ない(0.1潤オ0.001%)ため、
ほとんどが排泄されて影響は小さい。

(2)吸入摂取の場合は、数十潤オ数百日の
生物学的半減期で肺から一部は血液を介し
主に骨と肝臓に移行する。
骨からは生物学的半減期50年、
肝臓からは20年で排泄される。

プルトニウムの体内被ばくによる影響は、
肺、骨及び肝臓における晩発障害である発ガンである。
プルトニウムによろる人体への影響は、
人類の経験や動物実験の結果から、
体内被ばくに起因する発ガン等の放射線障害とされている。
(引用(一部抜粋) : プルトニウムの毒性と取扱い
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-03-01-05)


【対策】

■対象物との距離をとることが何よりも大切。

■体内の摂取を最低限に抑える。
(大気からの摂取が主)

が考えられる。


関連記事
今後、不足が予想されるもの
>>今後、原発に最悪の事態が起きるとしたら


≪プルトニウムの体内侵入を最小限に抑える≫
***マスク
 ・放射能対策!超密着マスク
 ・高性能マスク
 ・放射能対策_幼児・子供用


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sehappy.blog75.fc2.com/tb.php/107-e9f3598c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。